愛知 老舗料亭 望洲楼

ご案内

愛知 望洲楼 商い
愛知 望洲楼 おしながき
愛知 望洲楼 慶事法事
愛知 望洲楼 結婚式 披露宴
愛知 望洲楼 お座敷
愛知 望洲楼 贈答品
愛知 望洲楼 おいたち
愛知 望洲楼 地図
愛知 老舗料亭 望洲楼
愛知 老舗料亭 望洲楼
 愛知県半田市
亀崎町3-71

TEL 0569-28-1136
FAX0569-29-4184
 
駐車場20台・不定休
愛知 老舗料亭 望洲楼 客室
愛知 老舗料亭 望洲楼
愛知 半田 老舗料亭 望洲楼 ぐるなび
望洲楼 facebookページ
 
おいたち

ペリーが浦賀に来航したころ、当地「亀崎」は酒造りが盛んで千石船に酒をのせて江戸に出荷していました。
そんな頃、四代目成田新左衛門は「中口屋」という屋号で宿屋を開業しました。
そして京都の書家「貫名海屋」先生ご宿泊の折に、「望洲楼」という名をいただいております。
明治19年3月の名古屋の「金城新報」に、福沢諭吉先生がお越しいただいた旨の記事があり、明治31年9月には田山花袋・柳田国男の両人が泊まられています。 その数日前、渥美半島の伊良湖で椰子の実が漂着したのをみつけ、その話を柳田国男が信州の島崎藤村に伝えたことから有名な「椰子の実」の歌が生まれました。
他にも、日本画家の竹内栖鳳、海軍元師西郷従道(西郷隆盛の弟)らもご宿泊されました。

明治20年2月、天皇皇后両陛下が近隣の武豊での陸海軍の演習に行幸された際にお食事を担当しました。 六代目成田新左衛門は、手押し車に料理をのせて武豊まで運んだと手記に残しています。

大正天皇即位の大嘗会が行われた悠紀殿の屏風には「亀崎の月」が画かれ「萬代も かはらぬかげを 亀崎の 波に浮かべて 月照りにけり」の歌が書かれました。 絵は、野口小蘋画伯。短歌は黒田清綱子爵。 野口画伯は当楼に逗留され「亀崎の月」を画いたのです。
以来「月の名所・亀崎」は全国に知られるものとなりました。
現在も、昔からの衣浦の海に臨む丘に点在する建物を維持しながら、ゆったりとした情緒あるひとときをお楽しみいただけるようつとめています。
愛知 老舗料亭 半田亀崎 望洲楼
周辺地図

愛知 老舗料亭 望洲楼 地図

Google Maps: https://goo.gl/maps/QGs3t

●名古屋「栄」から車で40分 知多半島道路「阿久比インター」で降り15分
●名古屋駅からJRで50分 東海道本線、大府で武豊線に乗り換え亀崎で下車
●新名古屋駅から名鉄で50分 河和線、知多半田で下車、タクシーで10分
●知多半島道路「半田中央インター」より10分

愛知 老舗料亭 半田亀崎 望洲楼
TEL 0569-28-1136 FAX0569-29-4184
営業時間 午前1130〜午後10:00(ご予約にて)
休日 不定期 P20台完備
愛知県半田市亀崎町3-71
E-mail:info@boshuro.com